<   2014年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

パネトーネNo.5

b0300051_2217435.jpg


b0300051_22183167.jpg


b0300051_22191331.jpg


ふわっと、しっとり、そして美味し〜い!
感激です。
もう一度、焼いて上手くいったら、ひとまず良しとしましょう。
[PR]
by 1370kaori | 2014-02-28 22:39 | 日々の風景 | Trackback

パヤパヤ

パヤパヤ これも母のよく使う言葉です。
頼りなげではかない様子、まばら、勢いがない
少なくとも状態を憂いていることにはちがいないと、思います。

パヤパヤ毛が生えている。

これは、磯野波平さんの頭髪のような状態です。

母は面白い表現をよく使うひとです。
これが、ばやばや となると、整頓されていなくて、あまり綺麗でない様子、
となります。
その辺に、ばやばや 物をおかないで!
となります。
b0300051_14195799.jpg

[PR]
by 1370kaori | 2014-02-17 14:20 | 日々の風景 | Trackback

にやくや痛い

私の母は、「お腹が、にやくや痛い。」という表現をよくつかいます。子供である私は何の疑問ももた

ず、こんな感じだろうということで過ごし、じぶんも使ってきました。

生理痛のような不快な痛みのときや、何となく痛みの前兆を感じてきて、不快だと思ってお腹をさすり

はじめたころに、使っているとおもいます。

地方の独特な言葉だと思いますが、取り立てて話題にすることもありませんでした。

最近テレビでみたのですが、(朝の番組だったとおもいます)患者さんが訴える痛みのさまざまな表現

を、標準語に訳すようなことされている方のことでした。

そのとき、ああ、「にやくや」のことかもしれないと思い、夫に聞いてみると、その感覚はわからない

でした。やはりそうだなと実感したわけです。

そういえば、病院である検査中に、もう止めてほしいくらいすごく鋭い痛みだったとき、(先生からな

んと言われたか忘れましたが)

○○な痛みですか? △△ですか? と言われて

「ん〜〜わかりません」「どう言ったらいいか ん〜〜」

としか言えなかったことを思い出し、番組内容に納得しました。

わたしの痛さと○○や△△はちがうと、その時思ったのですが、ひょっとしたら合っていたのかもしれ

ません。わたしには育った地元の言葉の感覚が、根本にあるのかもしれません。

b0300051_19462083.jpg

[PR]
by 1370kaori | 2014-02-16 19:48 | 日々の風景 | Trackback

パネトーネNo.4 二日後

昨日は、少し苦みがきになりましたが、今日は味がなじんでいます。

何と、苦みがまろやかになっています。

よしよし、いい感じです。


b0300051_17591491.jpg

[PR]
by 1370kaori | 2014-02-16 18:01 | 日々の風景 | Trackback

パネトーネNo.4

b0300051_1475010.jpg


b0300051_1483080.jpg


奥の断面の大きな気泡のようなものは、焼き上がりのチェックにさした温度計のあとです。

b0300051_14114261.jpg


けっこう上手くやけました。パサパサ感もなくとしっとりしていて、オレンジの風味がします。

ただ、少しレモンピールがきになります。次回は入れずにやいてみます。

[PR]
by 1370kaori | 2014-02-15 14:18 | 日々の風景 | Trackback

ボックスフラワー

b0300051_19464970.jpg


今日はフラワーアレンジメント教室でした。

こんなスタイルのプレゼントはいかがでしょうか。

蓋を開けたらお花畑、ちょっと素敵です。

[PR]
by 1370kaori | 2014-02-13 19:54 | 習い事 | Trackback

カービングの作品展

b0300051_015111.jpg


b0300051_023674.jpg


カービング教室の作品展でした。

前回のメロンが夫に好評だったので、まだ出品するのは早いと思いつつも、気を良くして

参加しました。う〜〜やっぱり。荒い出来上がり。初心者です。
[PR]
by 1370kaori | 2014-02-12 00:21 | 日々の風景 | Trackback
b0300051_2059586.jpg


実家から渋柿が送られてきました。焼酎に漬けると大変美味しいと、電話でレクチャーされました。

早速、焼酎につけ込みましたが、これも良いかもと思い沖縄のラム酒も使ってみました。

b0300051_21124343.jpg

[PR]
by 1370kaori | 2014-02-04 21:16 | 日々の風景 | Trackback

フレンチトースト

b0300051_20145341.jpg


パネトーネNo.3 をフレンチトーストにしたら、なんと美味しいではありませんか。
これは、かなりいけます。
パネットーネとしてはイマイチでしたが、気泡の多さがフランスパンのようで、フレンチトーストにはピッタリかも〜ですね。

材料  パネトーネNo.3 (2,5センチ厚さに切る)
    卵 2個
    牛乳 200ml
    グラニュー糖 大さじ2
    バニラエッセンス(4ふり)

作り方 卵液にパンを一晩つける。
    フライパンにバターを熱して、両面をこんがり焼く。
    粉砂糖をふって、好みのフルーツを添えて、メープルシロップをかける。


フランスパンなどで作るなら、卵液の砂糖は多めが美味しいと思います。

もし、パサパサのパネトーネが有るなら、試してみてはいかがでしょうか。

b0300051_2041523.jpg


b0300051_20425882.jpg

[PR]
by 1370kaori | 2014-02-04 20:44 | 日々の風景 | Trackback

パネトーネNo.3

b0300051_17471647.jpg


焼き時間が長過ぎました。

b0300051_1822460.jpg


過醗酵だとおもいます。
試食した友人Kは、「パサパサしてる〜」

そうなんです。美味しくない感じです。

かなりゆるゆるの生地だったので、醗酵も長めに取ったのですが、その見極めができなかったということですかね。
[PR]
by 1370kaori | 2014-02-04 18:24 | 日々の風景 | Trackback

あせらず優雅にいきましょう


by 1370kaori