さしいれ料理やKの覚え書き

3週間あまり続いた、3家族分の料理作りは大変でしたが、次第に作りたい意欲が増して来て、久しぶりに本を見ながら料理を作りました。
前半は、N家のお好みの物を作りたいと考え過ぎてしまいました。お好みの味はやはりN家の母の味です。かなうはずは無いのです。開き直った後半は、私の得意なものや、料理本を見て緒戦したい物を好きに作っていました。
メニューは、ご飯は炊いておいてもらい、汁物、メインになるもの、野菜が取れるような副菜を一品又は二品でした。
特にうちのオットは汁物が必須と騒ぐので、これは意外に重要でした。
また、作ったそれをその場で食べられないので、さめても美味しいもの、電子レンジで簡単に温められる物をと考えました。


私が「今日はこれにしようかな」つぶやくと

「それはウケない」「さめるとちょっと〜」などとオット、そして「これは?」とのオットからの提案

「手がかかり過ぎるからだめ〜、それって食べたいってことね」などなど、K家の会議のもと、メニューが決まるのでした。

そして、買い物して作って運んでが、繰り返されました。

写真に残しておけば良かったのですが、残念ながらそこまでの余裕はさすがにありませんでした。

少しでも暖かいうちに届けたかったので、ささっと急いで撮った状態です。

ささっとの中からいくつか載せてみたいと思いましたが、

ダラダラしますので、ここはやはり自分が感激したものを紹介する事にします。



174.png


手作りパスタのラザニア
市販のパスタが無かったので、パスタを作ることになったのですが、
これが意外の大成功(本人大絶賛)
b0300051_00592143.jpg


そして、残ったパスタでカルボナーラを作りました。
これが「Nばあば」に大ヒット!
やったぁ〜

b0300051_01020785.jpg


パスタが上手く行って、調子づいてきました。


そこで、ビーフシチューにも挑戦しました。

ところがこれ、大失敗したのです。

手作りに気を良くして、、、だったのですが、ブラウンソースなる物を焦がしてしまいました。

こげた味がして、どうしようか困ってしまいました。

諦めようかと一瞬まよいましたが、そこは主婦の意地で、奥の手です。

こげたソースを肉や野菜から洗い流しました。

下ゆでしたスープはまだたくさんあったので、もう一度スープにつけ込み一晩おきました。

そして次の日スーパーへ走り、ハウスのビーフシチューの素を買いました。


ふふふ、成功よ〜〜
b0300051_01420990.jpg




そして、そんなプチ成功のあとは




通販大好きなオットは前からこんな物を仕込んでいましたが、
私、さっぱり興味なくて段ボール開けてもいませんでした。
b0300051_01041646.jpg



「これを使って、ローストビーフでしょ」とオット

真空調理?なんのこと状態でしたが、
ネット検索すると作り方が載っていたので、参考にしながらやってみました。

下味をつけて真空パック
b0300051_01174705.jpg




今回は、電磁調理器の保温機能を使いました。
初めてで心配だったので、温度は高めにしました。
b0300051_01241355.jpg

1,1kgの肉を1時間50分くらいです。

それから肉の表面をフライパンで焼き、ホイルで包んで落ち着かせました。
b0300051_01264810.jpg



お〜感激です!
それらしくできました〜
b0300051_01273264.jpg


b0300051_01315947.jpg


粒マスタード、グレービーソース、ホースラディッシュのクリーム
b0300051_01310935.jpg


肉汁が余す所なく使えたので、美味しいグレービーソースでした。
ホースラディッシュのクリームも最高でした。
b0300051_01313681.jpg



オットとの会議のもと、可もあり、不可もありの料理活動でしたが、振り返ってみると、良い経験になりました。
運ぶ時間が迫ってきても、終わりの時間まで何かを作っていました。今思うと、終わりがけに作ったそれらの小鉢料理が
メイン料理を引き立てていたと思います。満足してしまわずに、相手のことを思い浮かべながら、さらにそれを作ることが重要なんだと久しぶりの緊張感とともに実感しました。とっても良い刺激になりました。
家族の為に役に立てたかな?そうでなかったとしても、淡々とやる事で次ぎに繋がって行くのですよね。
とりあえず、Kばあばの仕事、一つ終えました。


[PR]
トラックバックURL : http://peugeot605.exblog.jp/tb/26764464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by 1370kaori | 2017-04-04 02:50 | 食べ物 | Trackback

あせらず優雅にいきましょう


by 1370kaori